会社概要

社名:        特定非営利活動法人 アスヘノキボウ


設立:        2013年4月3日


所在地:          宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原75-7

 

TEL:                 0225-98-7175

 
代表理事:   小松 洋介

 

社員数:    4

 

事業内容:        

①自然災害等による被災事業者の事業再建支援

②新規事業者の事業立上げ支援

③まちづくり計画作成支援

④事業再建、新規事業立ち上げ後の経営支援

⑤事業者の経営支援

 

事業実績:

<2011年度実績 ※女川町復興連絡協議会 戦略室時代のもの>

・女川町復興連絡協議会の民間による復興計画作成に戦略室として携わる

 民間による復興計画は行政,議会に提出され、現在はこの計画をベースに民間と行政が連携し、まちづくりが行われている。

 http://www.fukkoushien-nuae.org/2012/01/30/宮城県女川町-女川再生へ独自の復興計画/ 

 

 

<2012年度実績 ※女川町復興連絡協議会 戦略室時代のもの>

・被災地初のトレーラーハウス宿泊村「エルファロ」の企画・立ち上げ

 40以上のメディアに取り上げられ、安倍首相を始め国内外の政治家や起業家も視察に訪れる。

 https://elfaro365.com/index_pc.php

・ビジネスプランコンペ「KIBOW女川」を開催

 http://kibowproject.jp/archives/1361.html

・起業支援3社(アート工房、カフェ、森林保全&ネイチャーガイド協会)

 女川町の民間による復興計画に描かれている復興に必要と考えている事業を3社立ち上げる

  みなとまちセラミカ工房 http://www.ceramika-onagawa.com

  カフェごはん セボラ https://www.facebook.com/cafe.cebolla?hc_location=timeline

  女川ネイチャーガイド協会 http://michinokushigoto.jp/kigyo/members/m_aoto.html

 

 

<2013年度実績>

・女川ブランディングプロジェクトのプロジェクトパートナー

 キリン絆プロジェクトによる支援事業のプロジェクトの立上げパートナー

 http://kizuna-nipponfoundation.info/2013/11/post-18.html

・復興庁「新しい東北 先導モデル事業」の採択を受け、公益社団法人 経済同友会と『人材交流プラットフォーム』の

 事業を開始

 http://www.doyukai.or.jp/news/hr/140212a.html

・宮城県 震災復興起業支援補助金 起業アドバイザーとして4社を起業支援

(女川・・・飲食店、地ビール、石巻・・・カフェ、魚介類の直販)被災地における起業希望者の起業支援

・認定NPO法人TABLE FOR TWOと連携し、被災地でも支援を受けるだけではなく、自分たちも支援をしていこうという

 キャンペーンを実施。女川に一番縁のあるミャンマーの支援を開始。

 http://huglobe.org/2013/10/16/tft-onagawa/

 http://www.asuenokibou.jp/2013/12/07/11-23-24-table-for-two-女川ツアーを開催しました/

・資源エネルギー庁 「地域の自慢づくりプロジェクト」を運営。地域の「食」の開発を実施

・昨年立上げた「トレーラーハウス宿泊村 エルファロ」がハーバードビジネススクールの教材に選出

 (2014年4月完成予定)

・起業者・再建事業者の経営支援や外部企業とのビジネスマッチングを実施

  一例)ポケモン×みなとまちセラミカ工房(スペインタイル)  

     http://www.pokemon.co.jp/info/2014/02/140215_p03.html

 

加盟団体:

・復興庁 新しい東北「官民連携推進協議会 会員」

・女川町まちづくりワーキンググループ メンバー(代表の小松が参加)

・女川町中心市街地商業エリア復興推進協議会 会員(代表の小松が参加)