刺激的なこの1週間でした。

今日は雨の女川です。
先週の週末から今日まで全速力で走り続け、久しぶりに休みを取る事が出来ました。

ブログを書こう書こうと思いつつ、中々書けず早3ヶ月。。。やっと始める事が出来ました。
ということで、初ブログです。

先週を振返ると金曜、土曜はG1新世代リーダーサミットに参加してきました。

40歳以下の若手の政治家、起業家、アーティスト、文化人等が軽井沢に集まり、様々な分野の同世代のリーダーと情報交換をしたり、10年後の政治・経済・文化について考えるセッションがあったり、とても素晴らしい機会でした。

宿泊部屋に戻ってからも同じ部屋のメンバーで熱く語り合い、初日から寝不足でしたが、本当に心地よい時間でした。

たくさんの方と知りあうことができ、刺激を受け、本当に勉強になる場でした。

ご招待頂けた事に、本当に感謝感謝です。

 

土曜は、このG1サミットを後ろ髪引かれる思いで途中で抜けさせて頂き、東京で講演会をさせて頂きました。

こちらの講演会も非常に素晴らしかったです。

女川を知ってから何度も足を運んでくださった長野の炭焼き職人の原伸介さん主催の「日本おとなの遊び塾」における講演会でお招き頂きました。

 

場所は、大正時代創業の当時の政界、財界の方が通われていたという趣のある料亭でした。

色々な場でお話をさせて頂く機会は多いのですが、雰囲気と距離が近い事で少し緊張しましたが、

気がつけば講演時間の1時間をフルで話しておりました。

講演後の質疑では参加者の皆さんと近い距離で膝をつきあわせて、お互い考えている事をストレートにぶつけ合い、

私も考えさせられる事も多々有りました。非常に勉強になる機会でした。

 

講演会の終了後の懇親会も非常に刺激的で、

昨年話題になった『ディズニーと三越で学んできた日本人にしかできない「気づかい」の習慣』の著者である上田比呂志さんと、色々とお話をさせて頂きました(上田さんは講演会場のご亭主さんで、有り難い事に講演会からご参加頂きました)。

 

その時に上田さんから頂いた言葉で印象的な言葉が「環境+人+想像力が交わって復興が型になっていくということを学びました」という言葉でした。こちらが改めて「女川・被災地、そして日本の復興」を目指していく上で、大切なものが自分の中で改めて整理された瞬間でした。

さらに上田さんから「復興に必要なものを考え、想像し、形する時に必要な外部のプロを巻き込み、本当に良いものを創っていくという小松さんがやっている仕事はディズニーに似ていると思いますよ。」と頂きました。

ディズニーには、ウォルトディズニーが描いた想像を形にする「イマジニア(イマジネーションとエンジニアを掛け合わせた造語)」という仕事が存在し、イマジニアの方々がディズニーランドの世界観を創りだしているそう。

「小松さんもまちづくりの協力者の皆さんをイマジニアに変わる名前を付けて、どんどん仲間を作っていくと良いと思いますよ。名前というのは、本当に大切ですからね!」とも頂きました。

「イマジニアのような名前・・・」と、その場で考え込んでしまいましたが、出てこず・・・。

未だ出ずですが、今月中には何か生み出したいと考えています。

本当に勉強になるお言葉を沢山頂き、良いお時間でした。

お招き頂き、感謝感謝でございます。

 

G1、講演会と刺激的な週末の日程を終え、翌日は東京で打合せラッシュを行い、女川へ戻って参りました。

女川に戻って来て感じる事はやっぱり、海と山が見える景色は落ち着きますし、女川の皆さんとお話しする事が楽しい!!

そして、外との交流や外から自分のいる町を見る事によって、視野を広げたり、視座を高めるということは非常に大切であるという事。このような機会を大切にしていきたいと心から思いました。

 

そんな自分ですが、女川に戻った事でテンションが上がり、様々なプロジェクトの打合せ(もう少しで発表できるものもあります^^)や面接、まちづくりの会議等、一週間全速力で走りきりました!!

 

昨日〜本日まで、福島の起業を考えられている方々のツアーのコーディネートも楽しんでやらせて頂きました!

本気で何かしようと考えている方のエネルギーはすごいですし、勉強になります。素敵な時間を過ごす事ができました。

女川までお越し頂く事は、本当に有り難い事です。

 

さてさて、ほんの休憩も終わりましたので、これから全速力で走りますか^^

初ブログがこんな感じで良いのか心配ですが、ま、良しとしましょう!!!

 

明日からまちづくりの勉強で岩手出張!!楽しんでいきます!!!

特定非営利活動法人アスヘノキボウ
代表理事 小松洋介