最近思う事

最近思う事があります。

「被災地に飛び込むなんて思い切ったこと(覚悟)しましたね」、「NPOで働くって覚悟いりますよね」と言われる事があります。この二つについて丁寧に僕の想いと答えを書かせて頂きます。

 

『被災地に飛び込むなんて思い切ったこと(覚悟)をしましたね』

覚悟は最初はいりました(2011年9月のことです)。

お金もないですし、決まった仕事も無いですし、働く場所すら無かったので。。まさにゼロからのスタートでした。

でも、今は『覚悟』は今は無いです。町内外の方々とも連携が出来てきておりますし、何よりも外から来た私をはじめ、当NPOを女川の皆さんが受入れてくださっています。普通に仕事をするよりもコミュニケーションも多く、環境が本当に良いです。仕事の事業の中で意思決定をする時は覚悟する場面もありますが、正直、覚悟という程のレベルではありません。

ちょっと、きつい言い方をすれば女川、そしてで活動する地元の方や被災地に飛び込んだ方にこの言葉は失礼です。

僕は本当に楽しいし、覚悟なんてありません^^

 

 

『NPOで働くって覚悟いりますよね』

それはどういう意味か本当に知りたいです(嫌味じゃなくて><)。

お給料ですか?将来性ですか?

私達は所得を得ていますし(もちろん、うちのスタッフも)、食えていないわけではありません。

今の世の中、将来性なんて待っていても良くなるわけがないです。

僕らの会社もベンチャーで、どんどんチャレンジして自分たちで将来を作っていきたいと考えています。

合わせて、一般的に低いと言われるNPO職員の所得(給与形態と人材の評価方法も含め)もどんどん変えていきたいと考えています。社会的な課題が増えているにもかかわらず、社会的課題を解決する仕事の給料や評価が低いなんて、おかしいというのが私の考えです。世の中全体を変えていけるようなムーブメントをもちろん作りたいですが、まずはしっかり自分の会社からしっかりと変えていきたいと考えています。

ですので、これも覚悟なんてありません。むしろ、とにかく現状を良くする事しか考えていません^^

これもちょっときつい言い方をすれば、NPOに務めて覚悟を持って働いている方にも失礼です。

 

なぜ、私がこれを書いたのか?

たまに「覚悟を越えて突き抜けた人」という言われ方をする(そんなに多くではないですが、最近そう頂く機会が増えておりまして・・・)ことに、違和感を感じるからです。

強い使命感を持って、ただ本気で全力で仕事をしているだけです。

本当にそれだけなのです。

何も凄くもないですし、偉くもない。

ただこの仕事が大好きで、それで仕事をしているのです。

 

女川は、本当に素晴らしい職場なんです。

仕事も「女川から日本、そして世界が変わる」ような本当に素晴らしい仕事をさせてもらっているのです。

 

ブログで書く事でもないかもしれませんが、あえて書かせて頂きました。

ちゃんと私の考えを伝えたい。そう思いまして。

 

これからもこのブログを通して、自分の想いを届けてきたいと思います^^