「僕がコミュニケーションを取る上で大切にしていること」

スタッフブログに押され、、、、更新が遅くなってしまいました。。

すみません><

 

さて、8月、9月は出張やフューチャーセンター等の弊社の事業や研修講師等、バタバタをしておりました。。

(その忙しさのあまり、ツールド東北には出場できず・・・)

昨日一昨日は福島へ視察へ行って参りました。いろいろと感じる事、考える事が多い視察でした。

こちらは改めまして、書かせて頂きますね。

 

今回は「コミュニケーション」について書きたいと思います。

先日、インターンの学生さんに依頼され、学生さん向けに勉強会をしたので、その内容をベースに書きたいと思います。

 

「コミュニケーション能力が高い?低い?」

就職時に皆さん考えたりする事ですよね。

 

僕もそうでした。

 

僕は人見知りですし、話もうまくない(気の利いたしゃれた冗談等もう苦手><)人間でした。

また、自分の考えというものが強くあり、多数に考えを合わせる事ができず(自己中に見えていたのだと思います)、

「まあ、小松だから」と言われることも多々ありました。

 

僕はコミュニケーションが下手で、就職時も本当に自分は大丈夫かと感じておりました。

新入社員時は、先輩達に何度叱られた事か・・・。

これに本当に悩んでしまい、今まで感覚で取ってきたコミュニケーションについて見直す事にしました。

 

どうしたらコミュニケーションがうまく取れるのか。

 

まず考えたのは、打合せのゴールを決める事にしました(打合せではないときは、設定しませんが)。

具体的に今日はどんな目的でどこまでお話を詰めるのか、自分でゴールを設定するようになりました。

 

次に考えた事が自分の内的な部分であるコミュニケーションを取る上で重きを置くのは自分なのか、相手なのか。

僕の場合は、自分の考えが強すぎるため、「相手のこと」を重く置く事が重要であると感じました。

相手のことを知り(性格や思考、趣味、企業風土、役職、今の心理状態等)、どんな人か仮説を立てる。その上でしっかりと相手が聞きやすく話しやすい話の内容やトーン、資料内容、そして適正時間を考えるようになりました。

 

最後に考えたのは、外的な部分である服装や打合せ場所の設定。

例えば、今日お会いする方は年下で凄く気を使う人なので、「服装は明るめでカジュアル、場所は自然光が入りとにかく話しやすい場所にしよう。飲み物はコーヒー以外にもいろいろとあると良いかな」等という具合にです。

コミュニケーションの環境を整える事を重視するようになりました。

 

これを丁寧にやってみました。

そうするとコミュニケーションが少しずつスムーズになっていきました。

そして、さらにしっかりと準備をしている余裕から、予定していないことまで、どんどんお話が出来るように変わりました。

そのとき感じた事、コミュニケーション能力は持って生まれた天性的なものではなく、相手の事を大切に考え、実際にお会いするまでに準備する努力であるなと感じました。

 

よくコミュニケーション能力で天性的な社交性を考える方が多いですが、そのような方ではなくても努力により磨く事が出来ることであると今は私は思っています。

 

今「コミュニケーション能力とは?」と聞かれれば、私は「相手の事をとことん考えてコミュニケーションに臨める力。つまり相手の事を思いやる力」と私は答えるでしょう。

この積み重ねにより、コミュニケーションのフレーム(知りたい方は僕にお聞き頂けますと幸いです)も独自に編み出し、今はそちらを活用し活動しています。

この考えのおかげで、僕は女川の皆さんと仕事をさせて頂けるようになったと思っています。

(女川に入った当時は、とにかく女川の皆さんの事を知ろうと必死でした)

 

え?今はどうかって?

もちろん、お話しする皆さんの事を考え、お打ち合わせや研修の講師をさせて頂いていますよ^^

(ちょっと忙しい時は、準備が間に合わず、ご迷惑をお掛けしていますが・・・。ごめんなさい。。)

これを書くってことは突っ込まれる事前提ですので、今後もしっかりと相手の事を大切にし、活動をしていきたいと思っています。

 

僕らのような地域で活動する上で絶対に必要なものがコミュニケーション。

町の中の方に限らず、外の方ともたくさんのやり取りがあります。

今後もこの考えを大切にし、誠実なコミュニケーションをどんどん進化させていきたいと考えています。

(人見知りや気を使いすぎる部分等は、もっと変えないととも思っています)

 

先日、高校時代に仲の良かった友人達と数年ぶりに飲みました。

席についた瞬間から、飲み会中4時間以上ひたすらいじられるという、懐かしい経験をしました 笑

とにかくいじるいじる。。。昔の僕の性格や口癖も交え、いじるいじる。。。

高校時代に本当に戻ったようでした。

「お前、いじられるの好きなんだろ。いじられてなんぼだろ。」という、相手である自分に合わせたこの人たちのコミュニケーション能力には敵わないと思いました 笑

僕も本当に懐かしく、本当に楽しい時間でした。

古い友人とのコミュニケーションは本当に気持ちがよいと思った瞬間でした。

 

あ、いじられるのが好きとかではないですよ><

 

当たり前に行っているコミュニケーション。

よく考えてみると面白いものですね。そして深いもの。

これを書きながら、また改めて考え直してみたくなりました。