人材留学プログラムがスタートします。

宮城県女川町 若手行政職員と地元民間企業・団体の次世代リーダーが参加!!           『行政×民間』の新しい人材育成プログラムをスタート!

久しく更新が滞ってしまいました。スタッフの桑原です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、いよいよ来週1月26日(月)より、「人材留学プログラム」がスタートします。

詳細は添付のプレスリリースをお読み頂ければと思いますが、簡単に概要を。


【概要】

〇特定非営利活動法人アスヘノキボウ(所在地:宮城県牡鹿郡女川町、代表理事:小松洋介)は、

 女川町の次世代リーダーの育成を目的とした「人材留学プログラム」を実施。

行政・民間の枠を超えた研修プログラムとして、地域における人材育成の新たなモデルとなることを期待。

女川町役場と地元民間企業・団体の次世代リーダー計27名が参加し、大手先進企業11社へ5日間の留学。

〇1月26()30()及び、2月2日()~6日()の2期に分けて実施。

 

【女川町における対応】

〇一部の参加企業について町の人材育成補助事業を活用するなど、町内事業者の積極的な取組みを支援

〇役場職員についても、公民連携の実現や行政職員としてのスキルアップなどの成果を期待して、若手職員を中心に参加を決定(10)


※詳細に関しては、添付の資料をご確認の上、

ご不明な点に関して各担当までお問い合わせ願います。

ダウンロード
プレスリリース(アスヘノキボウ・人材留学).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 534.6 KB